恵仁会ニュース
2020年9月
下肢静脈瘤市民講座

9月12日(土)、稲城市若葉台駅前にある「稲城iプラザ」にて、調布keijinkaiクリニック主催の宮城医師による下肢静脈瘤市民講座を開催いたしました。
 
稲城市で初めて行う下肢静脈瘤市民講座は、新型コロナウイルス感染対策として、50名が入れるホールで25名までという制限をし、十分なソーシャルディスタンスを確保しての開催となりました。
稲城市にある登録医療機関の先生からも、患者さんをこの市民講座にご案内いただき、会場25名分が満席となりました。
 
宮城医師の講演に対して参加者は真剣にメモを取り、質疑応答の時間にも多数の方から質問がありました。
今後も稲城市で定期的に市民講座を行う予定です。
来月は10月31日(土)に府中市フチュールにて開催いたします。

2020/09/12
防災訓練

9月1日(火)防災の日、府中恵仁会病院では、警戒レベル3である大雨警報の発令を想定し防災訓練を行いました。
 
今回の主な訓練は、「垂直避難訓練」です。
多摩川の氾濫に備え、めぐみ館・ひとし館の2階病棟から4階病棟への患者さんの移動を想定しました。体重50㎏の人形を患者さんに見立て、エレベーターが使用できる場合のベッドでの移動、そして停電でエレベーターが使用できない場合のシーツでの移動を行いました。
シーツでの移動では、患者さんの重みと、階段の昇り降りの際に患者さんの態勢をうまく保つことの難しさを体感しました。
また、男性職員をシーツで持ち上げてみると、体重の重さと不安定さをさらに実感することができ、非常に勉強になりました。
 
訓練後の反省会では、今回の垂直避難訓練を踏まえた今後の備えについて確認し、職員の防災に対する意識を一層高めることができました。

2020/09/01
  • このページのトップへ