恵仁会ニュース
バックナンバー一覧
ハートセンター症例検討会

1月15日(水)、コーレアの会 ハートセンター症例検討会を開催いたしました。
 
循環器内科 畑田医師が当院に入職してから初めての講演です。演題は「PCIにより側枝閉塞をきたし心破裂に至った一例」についてでした。とても珍しい症例でしたので、スライドを使いながら丁寧に説明いたしました。参加された登録医の先生方にも大変興味持っていただき、活発な意見交換が行われました。まさしく「顔の見える病診連携」です。
 
来月は2月13日(木)、整形外科部長の石郷岡医師による、整形外科症例検討会「骨脆弱生連鎖骨折前後の検査・治療実態」についてです。
ハートセンター症例検討会

2020/01/15
下肢静脈瘤市民講座

1月11日(土)、調布keijinkaiクリニックの主催で、宮城医師の下肢静脈瘤市民講座を開催いたしました。
 
10名の方に参加していただきました。参加された方の大多数が日頃から足のむくみ・だるさで悩んでいる方です。この講座に参加したことにより、原因と治療方法が分かり大変良かったですとみなさまからお言葉をいただきました。
 
来月は2月8日(土)、府中恵仁会病院と府中市男女共同参加センターとの共催講座として、フチュールにて開催いたします。

2020/01/11
2019クリスマスキャンドルサービス

12月23日(月)、院内外来フロアにて毎年恒例のクリスマスキャンドルサービスが行われました。
 
セレモニーのオープニングでは、恵仁会スタッフ有志で結成されたコーラス隊The K-J-Gospellersが「Oh happy day」と「ジングルベル」を合唱し、曲の途中で当院保育所プチラパンの子供たちによるチビサンタが登場すると、会場は一気に賑やかなムードになりました。
 
当院スタッフが扮するサンタやトナカイとチビサンタたちは、キャンドルに火を灯した後、病棟を回って患者さんたちにプレゼントを配りました。
今年も笑顔の絶えない楽しいクリスマスイベントとなりました。

2019/12/23
令和元年度 職員忘年会開催

12月19日(水)職員親睦会主催 忘年会を京王プラザホテル多摩にて開催しました。
 
今回はマジシャンのKOKOROさんをお招きして、マジックショーを見せていただきました。
また毎年恒例のくじ引き大会では、ブランド品や旅行券、電化製品などの豪華賞品が当たり、くじで名前が呼ばれるたびに歓声が沸き起こりました。
今年の忘年会は職員みんながリラックスした会となり、今年一年の疲れをゆっくり癒すことができました。
職員忘年会

2019/12/19
下肢静脈瘤市民講座

12月14日(土)、調布keijinkaiクリニックの主催で、宮城医師の下肢静脈瘤市民講座を開催いたしました。
 
今回の下肢静脈瘤市民講座は多摩市のグリナード永山で行われました。年末の忙しい中、30名の方に参加していただき満席となりました。ご年配の方も多く、みなさん熱心にメモをとりながら聞かれていました。
初めて多摩市で開催された下肢静脈瘤市民講座でしたが、大変ご好評いただきましたので、また再度多摩市でも開催をしていく予定です。
 
次回は1月11日(土)、調布keijinkaiクリニックにて開催いたします。
下肢静脈瘤市民講座

2019/12/14
クリスマス飾り

いよいよクリスマスシーズンとなり、院内各所にクリスマスデコレーションをしています。

中でも、外来受付に飾っているクリスマスツリーは一際大きく、素敵なオーナメントがたくさんついていますので、皆さま是非ご覧ください。

 クリスマス飾り

2019/12/06
下肢静脈瘤市民講座

11月9日(土)、調布keijinkaiクリニックの主催で、宮城医師の下肢静脈瘤市民講座を狛江市西河原公民館にて開催いたしました。
 
今回は狛江市での初めての市民講座開催となりました。最近狛江市の医療機関からの紹介患者さんも増えてきています。
参加された皆さまは熱心に聴講され、講演後にはたくさんの質問をいただきました。
今後も定期的に狛江市での講演会も開催していく予定です。
 
来月は12月14日(土)に多摩市のグリナード永山にて開催いたします。下肢静脈瘤市民講座

2019/11/09
第10回 恵仁会オープンフォーラム

10月25日(金)、パルテノン多摩にて恵仁会オープンフォーラムを開催しました。
 
今回も、府中恵仁会病院、366リハビリテーション病院、調布keijinnkaiクリニックより、様々な分野に従事する職員が研究発表を行いました。
最優秀賞である「サングループプラス会長賞」には救急医療チームが選ばれましたが、救急チームの発表は自分たちの日頃の活動を映像にまとめたもので、たくさんの時間とエネルギーを費やして制作した映像はとてもわかりやすく、救急医療チームの専門性とやる気がよく伝わってきました。
 
また特別講演には、かづきれいこ先生をお招きしました。
かづきれいこ先生は傷痕やヤケドの痕をカバーや、それにともなう心のケアを行う「リハビリメイク」の第一人者でいらっしゃいます。
講演のテーマは「患者様へのメイクの現場から~メイクを通じての心のケア 皆さんも始めてみませんか~」で、先生の今までのご活動についての説明や、会場からモデルを選んでの実演なども見せていただきました。
何らかの形で傷を負ってしまった患者さんの心をメイクによってケアし、みなさんに笑顔を取り戻していく先生のご活動は、医療現場で働く我々にとって非常に勉強になりました。
恵仁会オープンフォーラム

2019/10/25
秋まつり2019

10月6日(日)恵仁会秋まつりを開催しました。
秋まつりは、当院と地域の皆さまとの交流を深めるためのお祭りです。
しばらく開催をお休みしていましたが、今年は久しぶりに再開することができました。
 
今回も職員によるバザーや模擬店、お子様のためのゲームコーナー、健康測定、栄養相談・健康相談コーナー、手洗いチェック、また、救急車・消防車・起震車などのはたらく車の展示を行いました。
 
バザーは大人の方に大盛況。また、子供たちはキッズ消防服を着て消防車の運転席に座ったり、簡易消火訓練で消化器を使ってみたり、AEDの操作など、普段はできないことをたくさん体験していただきました。
 
また、無料でお配りしていた3食わたあめは子供たちに大人気で、満面の笑顔でほおばっていました。
健康測定や各種相談コーナーも皆さまにご好評いただき、日頃気になる健康をチェックし、食習慣や生活習慣を見直す良い機会になったのではないかと思います。
 
今回の売上金は全て千葉県庁を通して、台風15号で被災された方々に寄付させていただきました。
秋まつり

2019/10/06
下肢静脈瘤市民講座

9月14日(土)、調布keijinkaiクリニックの主催で、宮城医師の下肢静脈瘤市民講座を開催いたしました。
 
今回の会場は調布市民プラザあくろすで、63名の方が参加してくださいました。下肢静脈瘤にお悩みの方は女性に多く、この講座にもたくさんの女性の方が来てくださいました。
また中には、以前、他の医療機関で検査をされても改善しなかったため、当院の講座を聞きに来たという方もいらっしゃいました。
 
今後も引き続き地域のみなさまに貢献できる市民講座を開催していきたいと考えています。
来月は10月12日(土)に府中市男女共同参画センターにて開催いたします。
下肢静脈瘤市民講座

2019/09/14
  • このページのトップへ