恵仁会ニュース
バックナンバー一覧
UAE 市民講座が開催されました

テーマ:『子宮筋腫・子宮腺筋症の最新治療 ― UAEとは?』

 

京王線中河原駅近くのスクエア21・府中市女性センターでUAE市民講座が開催されました。
『UAE(子宮動脈塞栓術)』は、X線透視を用いて大腿動脈からカテーテルを挿入し、筋腫の栄養供給路を塞いで兵糧攻めにするという、開腹せずに治す最新の治療法です。

 

今回は府中市民の方をはじめ、横浜、所沢からなど20名以上の方がご参加下さり、最新の治療法についての説明やご参加頂いた方からの質問をお受けしました。 症状についてお悩みの方、UAEについて詳しくお知りになりたい方のお手伝いが少しでもできればと思っております。

14_3_29

2014/03/29
第48回 多摩センター健康セミナー「知れば防げる脳卒中」

多摩センター地区連絡協議会、多摩市医師会主催の48回目を迎えるセミナーに、府中恵仁会病院の医師が講演しました。

 

テーマは「知れば防げる脳卒中」。参加者の中から一番リクエストが多い演題です。
脳卒中の予防と対策についてから始まり、発症後の注意事項、rt-PAについて、異変を感じたら直ぐに救急車を呼ぶ大切さなどの話でした。 話しの後は、医師と参加者との質問や意見交換会で、多くの質問を頂き医師もじっくりと応対しました。

 

参加者皆様からのアンケートで、「大変わかりやすく役に立ちそうだ」等のお声を頂き、思わずこちらも嬉しくなりました。

 

*rt-PAは血栓を溶かす事ができる薬で、脳梗塞発症後4時間半以内であれば、詰まってしまった
血栓を溶かしてしまえる場合があります。

14_3_27

2014/03/27
防災訓練

多くの人の記憶にある東日本大震災より3年。いつ襲ってくるかわからない自然災害に備え、府中恵仁会病院では大規模地震を想定した防災訓練を実施しました。 以下訓練の内容です。

 

地震発生後、各部署の代表者が防災管理室にて、迅速に被害状況を報告。
各部署の報告の結果、地震による被害が少ないと確認できたため、院長が診療続行の判断をし、院内に放送を流しました。 その間病棟で負傷者が発生し、その場で応急処置をし、担架に乗せて救急外来まで運びました。

 

久しぶりの防災訓練という事もあり、所々ぎこちない動きも見られ、患者さん、職員のかけがえのない命を守るためには、日頃からより多くの訓練をする必要性を職員全員強く感じました。 大切な命を守るために、回数を増やし定期的に実施する予定です。

14_3_17

2014/03/17
きずなクリニック(耳鼻咽喉科) 市民講座 が開催されました

当院で定期的に開催している市民講座、今回は府中恵仁会病院の近隣にあり、府中恵仁会病院の関連施設であるSUNグループのきずなクリニック(耳鼻咽喉科) 斉藤先生のお話でした。

 

京王線中河原駅近くのスクエア21・府中市女性センターで「耳・鼻・のどの病気や聴こえについて」のお話しでした。定員40名の中70名以上のご参加を頂き、会場の席が足りず廊下での聴講となってしまった方もおり、大変ご迷惑おかけしました。

 

今回は、耳鼻科で扱う病気をご紹介しました。耳鼻科は、小さいお子さんの鼻や耳の病気、花粉症ぐらい、というイメージもあるかもしれませんが、実は、めまい、首にしこりができた、顔が半分動かなくなった、聞こえづらいから補聴器を試したい、なども耳鼻科が窓口です。 そして、どんな症状でも初期症状の時に受診することの大切さの話しがありました。

 

話しの後は、医師と参加者との質問や意見交換会で、医師も30分以上時間をかけてじっくりと応対しました。次回の市民講座の問い合わせも既に頂いており、大変好評を頂いた市民講座となりました。

14_3_15

2014/03/15
心臓血管病センター症例検討会

近隣の開業医、当院への登録医の先生方との症例検討会が開催されました。

 

毎月1回のペースで開催される症例検討会。
今月のテーマは『心臓血管病センター:循環不全におちいった大動脈二尖弁の一例』でした。

 

スタッフの紹介後、近隣の医療機関より紹介していただいた患者さんの症例の説明が、当院医師よりありました。今回はスライドを多用した説明で質疑応答も沢山ありました。その後は日頃の連携についての先生方の意見交換の内容で、連携の重要性について改めて再認識しました。

 

*次回は5月15日(木)消化器センターの予定です。
14_3_13

2014/03/13
循環器 市民講座 が開催されました

百草の森ふれあいクリニックで「心臓病の話」についての市民講座が開催されました。

 

当院の心臓血管病センター長による心臓病の予防や症状、活動的で快適な生活を送るための心得などの内容で、約30分の話しがありました。話しの後は、医師と参加者との質問や意見交換会で内容の濃い質問がありました。
医師も時間をかけてじっくりと応対しました。

 

今後も定期的に市民講座を開催していきます。

2014/03/08
ひな祭り

当院では、来院される方に気分を和んで頂ける様に、季節にあったお花やオブジェを院内随所に飾っています。
もうすぐひな祭り。ミッキー・ミニーマウスのひな人形を飾りました。

 

14_2_19

2014/02/19
大雪

先週に引き続き、再び週末の東京に記録的な大雪が降りました。

 

府中市もかなりの積雪で一面真っ白に。病院周辺も銀世界となり職員総出で雪かきをしました。翌日はお天気に恵まれ、大分雪も溶けましたが、土曜日の外来診療に影響をきたしご迷惑をおかけいたしました。

 

外来の患者さん、面会にお越しになる方、どうぞ足元にお気をつけてお越しください。

2014/02/17
整形外科症例検討会

近隣の開業医、当院への登録医の先生方との症例検討会が開催されました。
毎月1回開催される症例検討会、今月のテーマは『整形外科:橈骨遠位端骨折治療症例について』でした。

 

スタッフの紹介後、当院医師より症例を交えながら説明がありました。
その後は日頃の連携についての先生方の意見交換の内容で、連携の重要性について改めて再認識しました。

 

次回は3月13日(木)心臓血管病センターの予定です。

2014/02/13
咳エチケット

インフルエンザや風邪が猛威を振るっています。そこで大切なのがまず予防です。
感染を予防するために大切な「咳エチケット」についてお知らせしたいと思います。
マスクを着用せずに咳やくしゃみをすると、ウイルスが2~3 メートル飛ぶといわれています。
感染を予防するために、「咳エチケット」を守り、予防対策を心がけましょう。

 

「咳エチケット」について
●咳、くしゃみが出る時には、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、周りの人から顔をそむけましょう。
また、咳、くしゃみの症状がではじめたら、他の人にうつさないようにマスクを着用しましょう。
●鼻水、痰などを含んだティッシュは、すぐにフタ付きのごみ箱に捨てましょう。
●咳をしている人に、マスクの着用をお願いしましょう。

 

また、「咳エチケット」以外に、予防接種、手洗い、うがいの励行、十分な休養、バランスのよい栄養を心がけ、日ごろから規則的な生活をすることも大切な感染予防対策です。

2014/02/03
  • このページのトップへ