恵仁会ニュース
2018年10月
第9回 恵仁会オープンフォーラム

10月31日(水)、パルテノン多摩にて恵仁会オープンフォーラムを開催しました。

今回は、府中恵仁会病院看護部、リハビリテーション部、放射線技術部、栄養科、臨床工学科、366リハビリテーション病院サポート部より計8演題と、当院副院長 循環器内科の上林医師、調布keijinkaiクリニック副院長 瀧医師の講演を行いました。
恵仁会オープンフォーラムでは毎回優秀な演題に賞を授与しています。
今回の最優秀賞「会長賞」には看護部ひとし館2階の國分・井上の「認知症患者に対する病棟での取り組み」が選ばれました。

また、順天堂大学医学部神経学講座の服部信孝教授をお招きし、「パーキンソン病治療UP TO DATE」と題して、現在におけるパーキンソン病治療についてご講演いただきました。
1時間ほどの講演でしたが、我々医療現場で働くスタッフにとって大変勉強になる、貴重なお話をお聞きすることができました。

2018/10/31
コーレアの会

10月31日(水)、記念すべき第1回 登録医療機関懇親会「コーレアの会」を開催いたしました。
 
 この会は登録医療機関の先生方と当院の医師とで交流を持ち、強い連携関係を築くことを目的としたものです。
「コーレア」とはオーストラリア・タスマニアを原産とするベル型のかわいらしいお花です。「フラワーレメディ(花療法)」に用いられるエッセンスの原料のひとつで、過度のストレスやプレッシャーなどから来る心の不安感を和らげる効果があるとされ、欧米では医療機関でも治療の一環として取り入れられています。
そして、この花の花言葉は「信頼」「互いを知る」。
この花言葉の通り、地域医療の発展のために、地域の先生方と恵仁会との間にさらなる信頼を築いていきたいとの願いを込めてこの懇親会を「コーレアの会」と名付けました。
 
 今回は23医療機関の先生方にご参加いただきました。
当院で毎月開催している症例検討会によく参加してくださっている先生方に加え、厚生荘病院の平山院長、まちだ丘の上病院の米倉院長、あいクリニックの奥村先生、多摩丘陵病院の金子連携室長など、初めて当院での連携の会に参加して下さった方も多くいらっしゃいました。
 
 みなさまからのご挨拶をいただいた後、当院の医師より各科の診療内容や強みなどみついてご説明いたしました。
当院で一体どんな診療ができるのかについて登録医の先生方によくご理解いただけたのではないかと思います。
 また、先生方からは、恵仁会は困った時でも患者さんを断らない病院で大変助かっているとのお言葉をいただき、やはり恵仁会は、登録医療機関からの紹介・救急を必ず受入れて断らないという強いスタンスを持つことで地域医療に貢献していることを改めて認識いたしました。
 今後も様々な形で登録医療機関と当院との交流を深め、患者さんにより良い医療を提供できるよう、地域医療発展に勤めてまいります。

2018/10/31
ハロウィン

ハロウィンの時期がやってきました。
今年も当院では、患者さんにハロウィンの雰囲気を楽しんでいただくために、院内にたくさんのかわいい飾りつけをしています。
是非ご覧ください。
 

 

2018/10/24
  • このページのトップへ