恵仁会ニュース
2018年9月
整形外科症例検討会

9月27日(木)、整形外科症例検討会を開催しました。

整形外科の症例検討会を開催致しました。先月に続きまして、第1部に登録医の中島整形外科:中島院長の講演、第2部に当院の水摩医師の講演でスタートいたしました。

中島院長には大変お忙しい中、とても貴重な症例4例を、大変熱心にわかりやすく講演をしていただきました。
中島院長は東京医科大学八王子医療センターのER出身であることもあり、クリニックレベルでは判断できないような症例を見逃さずに診療を行い、連携医療機関へ紹介していく体制をとられています。情熱を持ち整形外科専門医としての誇りと使命を持って診療をされていることが改めて認識できました。

第2部の水摩医師は、膝の感染症例について講演いたしました。
とても鮮明な膝の感染症のスライドを使いながら、1年半かけて完治していくまでの診療経過を説明いたしました。
第1部で講演していただきました中島院長も、このような疾患ケースは中々見ることができないので、大変貴重な講演発表をありがとうございますと喜んでくださいました。 

本日の整形外科症例検討会も先月のハートセンター症例検討会に続き、地域医療支援病院として、登録医の先生方との有意義な連携情報交換ができました。
当院は、病院憲章に明記されているように、地域の開業医の先生方との連携があるからこそ機能しています。
今後、この症例検討会をもっと多くのエリアの先生方に参加していただき、恵仁会がなくては困ると思われるように連携を構築していきたいと思います。

2018/09/27
9月の健康相談会

5月に看護週間の一環として行った健康相談会が非常に好評でしたので、月に一度、毎月この相談会を実施することになりました。
今月は「検査数値の意味を知ろう」をテーマに看護師、栄養士、臨床検査技師、薬剤師がみなさまのご相談にお応えすると同時に、血糖測定や酸素飽和度測定などの健康チェックを行いました。

次回は10月26日(金)、テーマは「健康体操のすすめ」です。
リハビリテーション科のスタッフも併せて参加予定です。
無料送迎バスまでの待ち時間など、ちょっとした時間をお使いいただくこともできますので、是非お立ち寄りください。

2018/09/11
下肢静脈瘤市民講座

今回の宮城医師の下肢静脈瘤市民講座は、調布市医師会の後援で、調布市市民プラザ「あくろす」にて開催いたしました。
参加者50名の満席で、多くの方が足のむくみ・だるさで悩んでいらっしゃいました。

参加された方はメモを取りながら真剣に講演をきかれており、質疑応答ではたくさんのご質問をいただきました。
宮城医師がみなさまのご質問に丁寧にお答えしたところ、「長い間悩んでいたことの原因が今回の市民講座でわかり、とても良かったです。」と、お喜びのお言葉をいただくことができました。

次回は10月13日(土)に府中市協働講座として府中市女性センターにて開催いたします。

2018/09/08
  • このページのトップへ