診療科目
神経内科

神経系の急性疾患では、救急外来受診直後より緊急画像検査(CT・MRI・MRA)、
脳波、髄液検査、心電図、心エコー検査などを行い、迅速な診断・治療を行います。

急性期脳梗塞では臨床病型(血栓症・寒栓症・ラクナ)診断に基づいた治療プロトコルを使用するとともに、
早期リハビリテーションを開始します。

慢性疾患では、脳梗塞の二次予防とパーキンソン病の診療に重点を置いています。
特にパーキンソン病では、早期診断治療から進行期治療までの一貫した診療を行っています。

スタッフ紹介
於保 倫之助 昭和57年 日本医科大学医学部卒
日本医科大学第二内科客員講師
日本医科大学
非常勤
  • 外来診療担当医表
  • このページのトップへ